VALU(バリュー)は個人の価値を模擬株式としてビットコインで売買されます

マイクロトレードサービスVALU(バリュー)は仮想通貨ビットコインが使用されます。まずはビットコインについて基礎知識を身につけてからVALUをはじめましょう。
MENU

VALU(バリュー)は個人の価値を模擬株式としてビットコインで売買されます

 

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、利用の仕方によって大きな資産ともなるものです。VALU(バリュー)は、取引形態としてお馴染みの株式のように、自分自身の個人価値を打ち出し、仮想通貨を取り扱うことのできるサービスです。

 

VALU(バリュー)はこれまでにない斬新な取引

 

 

VALU(バリュー)の発想の斬新さは、これまでにないものと言えるでしょう。
VALU(バリュー)では、模擬株式として個人の価値を売り出し、取引自体はビットコインを通じて行います。個人価値の基準はSNSをはじめとしたソーシャルメディアのフォロー数により高まり、オンラインにおいて著名な人ほど個人価値が高いということになります。個人価値は明確な金額として算出され、これを元にVAと呼ばれる模擬株式の発行が行われます。ソーシャルメディアにおいてフォローされている人数が多いほど価値が高く、模擬株式の発行もたくさん行うことができるのです。

 

では模擬株式を購入する側にはどんなメリットがあるかというと、これはVAを発行する側で自由に決めることができるようになっています。たとえば講演会や独自のノベルティ、特別なイベントの参加権など、サービスとしては無限の可能性を考えられるでしょう。個性を生かしたメリットを提供することにより、買い手側としてはよりいっそう購入意欲を高めることになります。特典として面白いイベントを企画すればオンライン上でさらに拡散され、これによっても多くの買い手を呼び込むことができるようになります。

 

VALU(バリュー)は個人への応援システム

 

 

VALU(バリュー)は個人への応援システムとしての一面を持ちます。もちろんタレントやモデル、芸能人や著名人のほうがソーシャルメディア上のフォロー数は多く、有利であることは間違いがないでしょう。フォロー人数は自分の個人価値に直結し、直接的な金銭として取引されるのです。そもそも存在を知って貰わなければフォローへと結びつかず、フォローして貰えたとしても面白いコンテンツの提供を続けなければ、人は離れていってしまいます。ソーシャルメディアにおけるフォローは知名度によって簡単に得られるものですが、面白くなければ維持することはできません。

 

一方で、無名の一般人であってもVALU(バリュー)を利用すれば自分の個人価値を高めることができます。たとえば新しい事業を始めたい、夢に向かって資金を貯めたいといった場合にも、このシステムを利用すれば多数の応援者を得られる可能性があります。有名だからという理由だけでは、人は他人を応援したりはしないでしょう。しかしそこに応援したくなる何かがあれば、模擬株式の購入といった形で支援を行うことができるのです。

 

VALU(バリュー)はクラウドファンディングにも似た形式

 

 

この形式はファンの獲得によって支援を得るクラウドファンディングにも似た形式と言えます。クラウドファンディングではすでに多くの人が支援を得て、夢の実現を果たしています。VALUとクラウドファンディングの大きな違いは、クラウドファンディングは夢事態を応援するシステムであり、VALUは個人を応援するシステムであるという点でしょう。VALUを行ったから、何か新しい夢を持たなければいけないというわけではありません。ただ自分という存在自体に金銭価値をつけるのが、VALUというシステムなのです。

 

新しいシステムを始める時には、いつも決済方法が問題になるものです。特に世界を股にかけて流通するサービスにおいては、あらゆる国の人が気軽に決済を行える方法を選択することは、そのサービスの成功にも直結することになります。しかしビットコインの登場によって、決済も簡単に行えるようになりました。また、VALU(バリュー)はビットコインの新しい活用法としても注目されるサービスとなっています。

このページの先頭へ