VALU(バリュー)初心者はビットコインを学ぶべし

マイクロトレードサービスVALU(バリュー)は仮想通貨ビットコインが使用されます。まずはビットコインについて基礎知識を身につけてからVALUをはじめましょう。
MENU

ビットコインの換金ができるコインチェックは3分で口座開設が可能です

 

コインチェックというのはビットコインの換金ができるサイトです。いわば取引所、取引サイトということができます。

 

ビットコインは仮想通貨の一種で、最近では実際のお店の支払いに使えたり、あるいは各種のポイントサイトで既存のポイントの代わりにもらうことができたりと利用できる範囲が徐々に広まりつつありますが、なかなか専用の取引所というものはなかったのが実情で、その意味では非常に画期的な、ありがたいサイトだということができます。

 

どんな通貨でもそうですが、取引が円滑にできて初めて利用しやすくなるというか、利用が広まっていくものです。例えば外貨でもそうです。日本円ではなく外貨で運用したい、為替差益を狙いたいと思う人がいたとしても、容易に外貨を手に入れることができる場所がなければ話はそれ以上先には進みません。

 

コインチェックは信用力が第一

 

 

今では銀行で外貨預金をするのはもちろんのこと、FXという方法により誰でも簡単に外貨を手に入れ、運用することができるようになったからこそ広まっているという言い方もできます。このように、仮想通貨についても取引ができるサイトが開設されたことで、今後利用がより広まっていくことが期待されます。

 

ただしコインチェックのようなサイトは信用力が第一です。他人のお金を預かることにもなるわけですから、信用がなくては話になりません。ここで言う信用とは、サイトの運営者自身が例えば預かったお金を持ち逃げするようなことはないという意味のほかに、第三者から盗まれたりするような被害を受けないための対策をしっかりと講じているということも含まれます。

 

銀行のたとえで言えば、銀行員が信用できる人間で、着服などをしないということのほかに、泥棒に入られて金庫からお金を盗まれてしまうようなことのないように対策を講じているかどうかといった感じです。

 

もちろん仮想通貨の場合には現実の紙幣や硬貨が盗まれることはありません。電子上のデータということになるわけですから、データを改ざんされたり、ハッカーのような者が外部から侵入してその仮想通貨データを盗み出し、自分の物にしてしまうようなことのないような対策という意味も重要になってきます。

 

コインチェックは安全対策を十二分に講じています

 

 

コインチェックでは当然ながらこのような対策は十二分に講じていますが、やはり信用というものは長い年月をかけて生み出されるもので、今しばらくはしっかりと確認するといった姿勢も重要でしょう。

 

一方でビットコインはやはりその価値が現実の通貨に比べると大きく変動しやすいという特徴があります。現実の通貨であれば紙幣や硬貨といった実体があります。

 

国や政府の保証もあります。ゴールドやプラチナなどの現物資産については、国や政府の保証はありませんが、今度はゴールドやプラチナという金属そのものが普遍的な価値を持ちます。ところが仮想通貨の場合は国や政府の保証もなく、また電子データそのものがゴールドやプラチナのように人類にとって何か普遍的な価値を持つわけでもありません。

 

そのため、いったん人々が、これには本当に価値があるのだろうかと思い始めると、雪崩をうったように価値が下がりかねないという実情があります。

 

一方で仮想通貨は現実の通貨にはない利点もあることは事実です。世界中の誰とでも、インターネット環境さえあればお金のやり取りができることです。現実の通貨をやり取りしようとしますと、為替手数料もかかりますし、送金のためには別に手数料もかかります。

 

しかし仮想通貨の場合にはそういうことがありません。また、国や政府の保証がないことでさえ、そもそも自国の政府など信用できない国に住む人にとっては別に思ったほどのデメリットにはならないという見方もできるのです。

 

コインチェックはは3分で口座開設することができます。興味のある方は無料で口座を作れるので、まずは口座開設してみることをおススメします。

 

このページの先頭へ