ビットコインの購入はコインチェックを利用しよう

マイクロトレードサービスVALU(バリュー)は仮想通貨ビットコインが使用されます。まずはビットコインについて基礎知識を身につけてからVALUをはじめましょう。
MENU

ビットコインの購入はコインチェックを利用しよう

 

現在最も注目されている金融商品に仮想通貨と呼ばれるものがあります。仮想通貨は実態を持たない通貨のことで、ネット上の取引を高速で円滑に行えるという特徴があります。

 

世界中で共通して使えるという汎用性の高さがありますが、今はまだ発展途上な側面があり、仮想通貨を利用できる店舗やサービスは少ないです。

 

しかし、実態を持たない通貨というのは非常に将来性が高く、今後数10年の間で利用できる店舗やサービスも増えてくると予想できます。

 

世界中で仮想通貨に注目が集まっています

 

 

現在発行されているリアル通貨は、直接現金支払いをする機会が少なくなっています。銀行のネットバンキングを利用すればネット上から送金や振込が出来ますし、電子マネーをスマートフォンなどの端末にチャージして支払いの手間を省くことができます。

 

また、ショッピングなどで使い易いクレジットカードの普及も拡大しており、現金支払いの機会は限られていると言えます。現金は実態を持っているせいで、高速で代金決済が出来るネット社会では使い難く感じる場面が増えています。そのこともあって、世界中で仮想通貨に注目が集まっています。

 

最も有名な仮想通貨はビットコインが挙げられます。これは最初に流通した仮想通貨で、初期の頃は1通貨辺り100円程度の価値しかありませんでした。

 

ビットコインは世界中で使える通貨

 

 

ある時、一部の国で経済危機が訪れると、それをきっかけに一気に相場が跳ね上がりました。これはビットコインが世界中で使える通貨なので、一時的な現金の避難場所として注目が集まったのが理由だと考えられます。

 

この思わぬ事態によって一気にビットコインの知名度が上がり、その後も経済危機が予想されると相場が伸びていくようになりました。今では1通貨辺り30万円以上を達成しており、その勢いは投資家の間でも広く認知されるようになりました。

 

ビットコインへの注目によって、様々な仮想通貨が登場するようになりました。既に価値の高いものよりも、新たに登場した仮想通貨に投資した方が稼げる可能性があります。

 

また、将来的に1種類の仮想通貨だけが独壇場だと、各国で売買の規制が行われた時にリスクがあります。その為、第2第3の仮想通貨にも注目しておいた方が良いでしょう。

 

コインチェックは取り扱っている仮想通貨の種類が多い

 

 

仮想通貨の購入はネット上の取扱所を利用して行います。利用しやすいものだとコインチェックという取扱所がおすすめです。利用方法は簡単、コインチェックのサイト上でメールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。

 

フェイスブックのアカウントを使えばすぐに利用することもできます。メールアドレスとパスワードの入力だけだと、最大5万円までしか投資することができません。しかし、本人確認を済ませれば5万円の上限が無くなるので、長く利用するつもりならいずれは本人確認をしておくと良いでしょう。

 

コインチェックは他の取扱所に比べて、取り扱っている仮想通貨の種類が多いのが特徴です。全ての仮想通貨を利用するつもりが無くても、各種仮想通貨の相場をチェックするのは重要なことです。あの通貨だけ値上がりしている、などの気になることがあったら調べてみると良いでしょう。

 

コインチェックを利用する際の手数料は他と比べてもそれほど差はありません。売買や出金の頻度を考えて利用すると良いでしょう。仮想通貨は将来価値の高い金融商品なので、今売買取引を頻繁に行っても旨味は薄いと考えられます。長期投資に挑むつもりで、毎月少しずつ投資していくのが良いと考えられます。

 

仮想通貨を購入するタイミングは、ビットコインならいつ買っても良いと言えます。この通貨だけは最も注目されているということもあっても、相場が乱高下しながら高値を記録し続けています。その為、買い時や売り時を見極めることが難しいのですが、1つ言えるのは買って待てば相場が高くなるということです。

このページの先頭へ