YouTuber「ヒカルさん」のVALU(バリュー)大炎上から学ぶVALUの正しい使い方

マイクロトレードサービスVALU(バリュー)は仮想通貨ビットコインが使用されます。まずはビットコインについて基礎知識を身につけてからVALUをはじめましょう。
MENU

YouTuber「ヒカルさん」のVALU(バリュー)大炎上から学ぶVALUの正しい使い方

 

VALU(バリュー)は、個人でもできる株式のような仕組みで、多くの人達から出資してもらうことで、そのお金を様々な目的のために使用します。

 

クラウドファンディングとよく似ていますが、はっきりとしたプロジェクトが決まっていない個人に対して出資できる仕組みですので、個人に魅力を感じて気軽に出資する要素が大きい状態です。

 

このVALU(バリュー)を利用した個人に、YouTuberのヒカルさんがいますが、彼はこの仕組みを利用して儲けを獲得したことに対し、投資家から批判されている最中です。

 

自分たちの立場を利用して価格を操作するのはインサイダー取引になります

 

 

お金を集めて儲けを得ること自体は何も問題ありませんが、彼が行った方法というのが、インサイダー取引に抵触するような方法であったため、多くの投資家が詐欺ではないか、騙されたと考えているのが問題の原因です。

 

ヒカルさんはYouTuberとして大変人気を集めている人物ですが、他のYouTuberと一緒に発行していたVAを、投資家を誘導するような手口を使って価値を釣り上げ、大量に売却して儲けを獲得しています。

 

VAというのは、有価証券である株式と同じような意味を持ち、出資したい分だけVAをたくさん購入することになります。

 

株式市場もそうですが、金融商品で投資を行う場合、発行する関係者が自分たちの立場を利用して価格を操作するのはインサイダー取引になります。

 

インサイダー取引をもう少し詳しく見ると、例えば発行する株式会社の役員が価格を操作する前の安い株価の状態で、自社株を大量に購入しておきます。次に、株価が大きく釣り上がるような発表をしたり、行動を起こします。

 

投資家が期待を込めてその会社の株を購入するため、自然に株価が上昇します。価格が高くなったところで、元々安く大量に購入していた会社の役員が、保有する株を売ります。

 

このような取引は禁じられている行為です。市場から永久追放されるほどのペナルティがあるもので、逮捕されることもあります。

 

優待の特典はVAを発行する立場の人しかできない行動です

 

 

YouTuberのヒカルさんは、いわば株式会社の役員のような存在であり、VAの価格に影響をあたえるような方法がやりやすい状態です。実際に彼は自分たちが発行するVAを購入した人たちに対して、優待をほのめかす行動をとっています。優待の特典は、VAを発行する立場の人しかできない行動です。

 

インサイダー取引と非常に似た内容だといえます。しかも、優待に関する記述に関して、発行者である彼らがVAを大量に売った後に取り消す行為をしており、詐欺に近いとも判断できます。

 

指摘された彼らはいまだに集めた資金を返還するような対応をしておらず、犯罪ではないという自らの意見を公開しています。ヒカルさんの発行したVAの価値はこの騒動で下がっており、高いときに購入した投資家が損をする形になっています。

 

金融商品に関する法律の対象から外れている部分

 

 

この問題は、VALU(バリュー)が仮想通貨で取引する仕組みになっており、株式のように金融商品に関する法律の対象から外れている部分です。とても曖昧な状態で提供されている場所ですので、安全に利用するならこの点の理解を深める必要が出てきます。

 

一番良いのは、VALU(バリュー)側がインサイダー取引のような状態にならないような厳しいルールを設けてくれることですが、それを期待するだけでなく、利用者自らも出資する相手を見極める必要があるといえます。難しいことですが、嘘や大げさな情報に惑わされない心構えが重要です。

 

この問題については、自らもVAを発行している、イケダハヤトさんが悪用の手口を公開していますので、騙されないための参考になります。

 

悪用する側がSNSのアカウントを開設し、フォロワーを購入します。botを利用して魅力的な言葉を投稿し、フォロワーが一定数以上に膨らんだところでVALU(バリュー)に上場します。

 

発行するVAは最大値に設定して、仲間に1VAずつ購入してもらい、ストップ高の状態にします。このような手口に引っかからないことが大事です。

 

まず、騙されないためにも正しい使い方を学びます。公式からVAをきちんと取引することが大事です。VAは円やドルなどの通貨で直接取引ができません。仮想通貨のビットコイン以外では取引できないことを知っておくだけでも、かなり違います。

 

株式だと未公開株を市場ではなく個人の間で紹介して売り、お金をだましとる詐欺が昔から多く存在しますから、VAでもこのような詐欺に引っかからないようにします。

 

取引をするビットコインは、仮想通貨取引所のコインチェックで購入します。とても有名な取引所ですので、安全に仮想通貨を購入できる安心感があります。

 

コインチェックにある口座から、VALU(バリュー)の口座にビットコインを送金すれば、VAを購入できる仕組みです。送金手数料が発生するものの、さほど高くはありません。1BTCが30万円の価値なら、150円程度しかかかりません。早ければ10分、長くても1時間くらいで口座に反映される仕組みです。

このページの先頭へ